読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入り口はこちらです。〜翻訳ライターのつぶやき Kagoshima~

フリーランス翻訳ライターです。イギリス流豊かな暮らしのご提案「Bites of Britain」主宰。

ママ友の定義。

これ、言わせて。

ママ友。それは、子どもを通じて知り合い、その過程で友達になった間柄をいう。

 

私は、この言葉を使わない。

いや、正しく言うと、使うこともあるのだけれど、使うときは話をスムーズにさせるために状況を見て、使う。(使ったほうが話が早い、ということが本当に多くある)

実は、この言葉にずっと違和感を感じてきた。

 

私はこの「ママ友」が本当に少ない。

学校に行けば挨拶をしたり、世間話をしたり、をするお母様方、お父様方はいる。沢山いる。だって、大人だから当たり前でしょ。

いるのだけれど、そんな関係を友達とは言わない。もちろん、この時点できっと世間でも「ママ友」にはなっていないはずである。「知ってるお母さん。(お父さん)」という位置づけだと思う。

 

これが、お茶に行ったり、ご飯に行ったり、週末集まってホームパーティしたり、、みたいな関係性になると、これは友達、であるかと思う。そして、しつこいようだが、この時点での関係は、既に「ママ友」である。

 

でも、

 

スタートは子どもを通じてだったとしても、そこにママ友っていうカテゴリーは必要なのか?

それとも、世間のママ友、はまた違った定義なのか?

スタートが子供を通じてだっとしても、基本、人として好きじゃないと付き合いがない私にとって、ママ友っていう言葉は正直必要性を感じない。

そして、使わねばならない時、とても違和感がある。

 

世の中の、この言葉の定義を知りたい。

とっても、知りたい。