読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入り口はこちらです。〜翻訳ライターのつぶやき Kagoshima~

フリーランス翻訳ライターです。イギリス流豊かな暮らしのご提案「Bites of Britain」主宰。

我が家のテーブルコーディネート集。

クリスマス1か月前になると、心がうずきだす。

4年前から始めた、クリスマステーブルコーディネートにすっかりはまってしまい、毎年この時期になるともう居てもたってもいられない。うずうず。

 

2012年のクリスマス

f:id:shaw-san:20161209095614j:plain

お花なんかも飾って、きちんとしたのはこの年が初めて。

この時、ああ、こんな風にテーブルを作ることで心も料理ももっともっと充実するんだ、と学んだ。

 

2013年

f:id:shaw-san:20161209095742j:plain

お分かりいただけるように、2013年に比べるとぐんと工夫されている。(と自分では思う。)海外の写真とか眺めて、ほーっとため息をついて、前年より欲が出ているのが分かる。

 

そして2014年のクリスマス

 

f:id:shaw-san:20161209095902j:plain

パープルを基調に。
ナプキンフォルダーも手作りなんかして、お花屋さんに「こんなイメージで」って伝えてお花も作ってもらい、準備までの過程が楽しくて仕方なかった。

大満足! 

おまけにもう一枚。

f:id:shaw-san:20161209100340j:plain

正面からみたテーブル。

 

そして昨年の2015年。

 

f:id:shaw-san:20161209100408j:plain

オットからのリクエストで、シンプルめな年となった。それでも緑が映えたテーブルになって自分では満足。

 

今年は、メンタルに余裕なく、今だどんなテーマになるか決めていない。

オットのリクエストは、「クラシカルなクリスマス。」 伝統の赤と緑でまとめてほしいんだと。

 

くりすます、わくわく。