読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入り口はこちらです。〜翻訳ライターが今日もつぶやく。〜

フリーランス翻訳ライターです。本にまつわるコラム執筆の他、(英➡日)翻訳家としても活動中。イギリス流豊かな暮らしのご提案「Bites of Britain」主宰。

イタリア・ポンペイに無性に行きたい。

おでかけ これ、言わせて。

つい先日、テレビでイタリアはポンペイの特集をしていて、

 

それから取り憑かれたようにポンペイのことばかり考えている。

 

本まで買ってしまった。

 

Wiki様から写真をお借りして、場所はここ。

 

f:id:shaw-san:20170116225123p:plain

 

もう1枚

 

f:id:shaw-san:20170116225231j:plain

 

アヴォンダンツァ通り。

 

 

ナポリ近辺にあった古代都市だったポンペイは、最盛期には2万人もの人が住んでいたそう。

 

法律、設備、娯楽、などとても文明も発達していたのだそうだ。

 

ポンペイをご存知ない方は、Google検索を。

 

 

 

なぜこんなにもポンペイ惹かれるのかはわからないけれど、

 

多分、

 

ストーリーなんだと思う。