読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入り口はこちらです。〜翻訳ライターのつぶやき Kagoshima~

フリーランス翻訳ライターです。イギリス流豊かな暮らしのご提案「Bites of Britain」主宰。

私の本棚から、我が子が本を読みだした日。

息子は読書好きだ。

読みたい!と言った本に限っては、今まで制限せずに買い与えてきた。

 

漫画でもいいから、とにかく興味があったものを、すべて。

 

だいぶ偏りがあったものの、4年生を終えようとしているここ最近、手に取る本に変化が出てきていることに気づいた。

 

図書室の先生が、担任の先生が、お勧めする本を読むようになったことだ。

ここ1か月で読んで良かった本を聞いたところ、

f:id:shaw-san:20170318115521j:plain

浅田次郎の鉄道員(ぽっぽや)

f:id:shaw-san:20170318115608j:plain

宮沢賢治銀河鉄道の夜

(※写真はアマゾンからお借りしました※)

 

紹介してくださった先生方にまずは感謝。

そして、息子とふたり感想を言いあう時間が素晴らしく楽しい。

 

今朝、私の本棚を見て

「面白い本はどれ?今日からここから読んでみようかな。」

と初めてそう言いだした息子。

 

結局、パウロ・コエ―リョのアルケミストを選んでた。

どうかな、どんな風に読むんだろう。まだ難しいかな。色々思ったけど、本人に任せて読ませてみることにした。

 

「読んだら、感想聞きたいな。」

とだけ伝えて。

 

算数が苦手な息子。

争い事が嫌いな息子。

だけど、本の中では自分が主人公になれるんだって言う息子。

 

ここ数年で一番うれしかったことかもしれないなあ。

息子が私の本棚に興味を持ってくれた記念日。

 

今夜は、読書サークルREADメンバーとご飯会。

今日嬉しかったこと、としてみんなに聞いてもらおう♬